ドラゴンキッズのドラッピィ

モンスターを仲間にしよう ドラゴンキッズ編

2014-06-16 - 0コメント

ドラゴンクエストX Ver2.2で追加された新仲間モンスター『ドラゴンキッズ』のスカウトへ向かいました。ドラゴンキッズはまもの使いで仲間にできるモンスターです。

スカウトの書を手に入れる

ドラゴンキッズのスカウトの書は、レンダーシア大陸の福引きの景品(4等)です。

スカウトの書はバザーで購入しました。

ドラゴンキッズの生息場所

[ド] エゼソル峡谷
岳都ガタラ → ガタラ原野 → カルデア山道 → エゼソル峡谷
[ド] 砂岩の洞くつ
ドルワーム王国 → ゴブル砂漠西 → 砂岩の洞くつ
[レ] メルサンディ穀倉帯
メルサンディ村 → メルサンディ穀倉帯
[レ] レビュール街道北
グランゼドーラ王国 → グランゼドーラ領 → レビュール街道北

ドラゴンキッズをスカウト

メルサンディ村へのルーラストーンがあったのでメルサンディ穀倉帯でスカウトを行いました。

プクリポにとってメルサンディ穀倉帯や落陽の草原のように背の高い植物が大量に生えているところは視界が悪くて苦手な場所です。(ドルボードに乗ることで少しは視点が高くなりますが...)

メルサンディ穀倉帯のドラゴンキッズ

ドラゴンキッズを発見!
麦?の色とおなじ黄色のドラゴンキッズの肌は保護色になっていて遠目では見つけにくいですね。

ターゲットが見つかれば、あとはひたすらスカウトです。

... 戦闘を繰り返すこと数回 ...

なんと ドラゴンキッズが 起き上がり
仲間になりたそうに こちらを見ている!

毎回この瞬間は嬉しいものです。

ここで話しかけて仲間にするわけですが、立ち上がったモンスターをほったらかしにしておくとどうなるのでしょう? 宝箱のように一定の時間が過ぎると消えるのですかね。

せっかくの仲間になりたそうなドラゴンキッズを見捨てることはできないので話しかけます。

ドラゴンキッズのドラッピィ

仲間にしたドラゴンキッズの名前は『ドラッピィ』と命名しました。

ドラッピィ(ドラゴンキッズ種) Lv1
性格: ねっけつかん

ステータス      
最大HP 140 攻撃魔力 10
最大MP 0 回復魔力 10
ちから 60 すばやさ 70
みのまもり 80 きようさ 40
みりょく 40 おもさ 40

ドラゴンキッズ同族同士のにらみあい

ドラゴンキッズのスキル

ドラゴンガッツ

SP スキル
3P ちょとつもうしん
やみくもに突撃し敵1体に攻撃する(消費MP1)
7P 常時みのまもり+30
常時みのまもりが30増える
12P ドラゴンビート
敵を倒すとテンションアップするようになる
18P 常時かいしん率+5%
常時会心のいちげきが出やすくなる
25P おいかぜ
1回だけブレス系の攻撃をはねかえす(消費MP6)
32P 常時さいだいHP+50
常時さいだいHPが50増える
40P コドラゴラム
憧れの巨大な竜に変身して攻撃力と重さが大幅アップ(消費MP7)

火炎ブレスの心得

SP スキル
3P 常時ちから+10
常時ちからが10増える
7P はげしいほのお
もえさかる高熱の火炎で周りの敵に攻撃(消費MP6)
12P 常時すばやさ+60
常時すばやさが60増える
18P ブレス系効果+10%
ブレス系の特技の威力が少しあがる
25P 常時さいだいMP+80
常時 さいだいMPが80増える
32P しゃくねつのほのお
全てをやきつくすしゃくねつの炎で周りの敵に攻撃(消費MP12)
40P ブレス系効果+20%
ブレス系の特技の威力があがる

ツメ

SP スキル
3P 装備時こうげき力+10
ツメ装備時のこうげき力が10増える
7P 装備時こうげき力+25
マシン系の敵に威力を発揮する鋼鉄を切り裂く拳(消費MP1)
12P 裂鋼拳
ツメ装備時のこうげき力が15増える
18P タイガークロー
身かわしやガードをされずに攻撃が必ずヒット(消費MP2)
25P 装備時こうげき力+15
ツメでの攻撃時会心のいちげきが出やすくなる
32P 必中拳
ツメ装備時のこうげき力が25増える
40P 装備時かいしん率+5%
敵1体を3回連続ではげしく切り裂く(消費MP5)

0コメント

*
10~300文字まで
2~10文字まで
このページのトップ
アルシバ
このブログの主

30代の男性です。ドラクエ10の発売当初からプレイしていましたが、2013年夏から半年ほど中断、Ver2.1開始後にカムバックして当ブログを開設しました。

現在はハウジングを中心にのんびりしたプレイスタイルで楽しんでいます。アストルティアでご一緒することがあればよろしくお願いします。

Twitter:

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。